介護保険の請求に使用する請求書ソフト

subpage1

介護保険の利用では、利用料が発生し適切に請求が行われる必要があるために、専用の請求書ソフトの利用が行われます。
公的な部分は国民健康保険団体連合会に伝送ソフトにより請求を行い、残りの利用者自己負担部分は別途市販等がされている請求書ソフトの利用で、介護保険の利用料請求がなされるのが一般的です。

介護保険の請求書ソフトの情報サイトへお越しください。

このとき、自己負担部分の請求書の作成及び領収書の作成が単独で行われている場合もあれば、介護保険のシステムと連動して作成をされるケースがあるなど、その利用をしている事業所の状況で変わります。

nanapiの情報を簡単に探すことができます。

連動させている場合は、複数の事業所を運営するような大規模の法人が行う場合が多いです。



一方、単に請求書の打ち出しなどだけのために請求書ソフトを使用している場合は、中小規模の事業所が多くなっています。利用料の利用者自己負担部分は、適切に請求が行われ適切に徴収されなければなりません。

もし、利用料を不正に徴収していない場合には、介護保険法に基づいての厳しい処分が待っています。事業所の認可取り消しや次回の認定更新を受け付けないなどの対応がされたりもします。
公的制度であり利用に当たっては多額の税金が投入されていますし、介護保険料という名目でも国民から支払われています。法を逸脱して運用を行うことは許されない行為です。

正しく請求し正しく領収をするように、各事業所は心して事業所の運営を行うことが求められているところです。


そのための請求書ソフト等の利用です。

身に付けよう

subpage2

公的な介護保険制度では、その利用料の請求に関して通常は専用の請求書ソフトの利用が行われます。このとき、介護報酬という全国統一の基準に基づいて請求が行われますが、かつては利用者の自己負担は一割で残りを保険請求により賄われてきました。...

more

注目情報

subpage3

介護予防・日常生活支援総合事業では地域の介護支援専門員が関係機関と連携・協働できる環境を整え、多職種間の連携協働体制を構築することで、主治医と介護支援専門員、行政機関等との連携や在宅サービスと施設サービスの連携等の実現を図るものです。介護予防・日常生活支援総合事業での介護支援専門員は、居宅サービス計画などを踏まえ、予防・介護サービスを提供している事業者、施設との連絡調整を行い、サービスの利用を継続的に確保します。...

more

わかりやすい情報

subpage4

介護予防・日常生活支援総合事業は、27年度より各市町村毎に開始となっている介護予防事業です。開始時期は市町村でばらつきがありますが、期限が設けられているため今では殆どの市町村で開始されています。...

more

企業をもっと知る

subpage5

「介護予防・日常生活支援総合事業」とは、「要支援」「事業対象者」を対象とした新たな介護保険の制度です。この制度では在宅でより長く生活できるように、現状を維持、もしくは改善することを目標としています。...

more